福井市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

福井市の小学校転校手続きについて

2016年10月04日 14時47分

引越しが確定した場合、お子さんがいるなら転校の手続きが必要となります。この手続きは、あちらこちらへ走り回らなければなりませんし、書類が煩雑だったりと迷うことも多数出てくると思います。急遽決まった引越しの場合は、新しい新居の住所が分からないこともありますが、事前に準備しておけばそこまで苦労せずに手続きを進行することが出来るでしょう。このページでは、実際に子供を転校させた管理人が、順を追いながら手続きの必須ポイントをご紹介しようと思います。小学校の転校手続きQ&A事情があり、転校先の住居がまだ決まっていません。小学校の転校手続きは進めることが可能でしょうか。A.転校とはやむを得ずするケースもありますし、特別にOKが出る事もあり得ます。例は、同居人の暴力やストーカーの被害で住まいを変えたいが、固定住所はまだ決定できない場合です。特例として扱われていますので、安心して相談しましょう。また、特認校と言われている小規模校があります。離れた住まいから通ってもいい体制が整っています。Q.転校の手続きをする際、学校や市役所、教育委員会に息子も連れていくほうがいいでしょうか。A.旧学校は保護者だけで連絡を取り、書類の提出等しておきましょう。いつ転校するかをクラスで明かすかなど、先生と話し合いがされると思うので、かえって子供がいると話しづらくなるでしょう。転校先では先生も子どもも、どんな人なのかお互いに気になりますので、一緒の方がいいでしょう。ただし何か話しておくことがあれば先生に伺って、別の席を設けましょう。Q.公立から私立に、は転校できますか?A.できますが、一般的に私学の方が学術の進捗がはやい事が多くなります。就学後に全体的に状況の把握は必須になります。急な事情があると仕方がありませんが、特に市外への転校は、転校手続きに何日かかかることでしょう。そして両親どちらも働いている家庭の場合、各書類のやり取りなど平日には出来ず、一度にすべて終えられないなどとなってしまい、円滑に進まないケースもありがちです。引越しの1週間前までに転出を申し出て、新しい家に住んだら14日以内に転入届、そしてその時に小学校の手続きも行わないとなりません。必要な道具をチェックして買ったり、時間があってもあっても足りないくらいになりそうですので、急を要する場合、なるべく小学校の長期休みの時期にする方が楽と言えるでしょう。夏休みと春休み、冬休み中にゆとりを持って手続きをしながら子供の様子をよく見て、ケア・フォローしていく事が大切だと思います。